博多・箱崎でランチやカフェにおすすめのお店

求人情報

店内案内

茶房のご案内

logo_nav

歴史と風情

福岡県福岡市東区にある筥崎宮を間近で感じながら、筥崎宮の歴史を象った茶菓子で心落ち着くひと時を。
勝負ごとの祈願や七五三の参拝など、筥崎宮へ訪れる際には、古民家風の造りが印象的な茶房「筥崎 鳩太郎商店(ハコザキ
キュウタロウショウテン)」で、穏やかなランチやカフェタイムをお過ごしください。
四季折々のお料理や茶菓子をご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。

筥崎宮の  歴史

筥崎宮は筥崎八幡宮とも呼ばれ、宇佐、石清水両宮とならんで日本三大八幡宮に数えられます。
鎌倉中期の蒙古襲来の際には、俗に云う“神風が吹き未曾有の困難に打ち勝った”ということから、厄除・勝運の神としても広く親しまれております。
また、本宮に伝存する第一の神宝である「敵国降伏」の宸筆は、全部で三十七葉。醍醐天皇の御宸筆と伝わり、後の天皇も納めれられた記録が残っております。
中でも、文永11年の蒙古襲来で炎上した社殿の再興にあたり亀山上皇が納められた事跡は有名です。文禄年間、筑前領主小早川隆景が楼門を造営した際に、亀山上皇の御宸筆を謹写・拡大したものが掲げられております。

※価格は税抜き表示です。

てつはう餅(2本)と
奥八女の抹茶のセット
750

日本三大八幡宮の一つであり、蒙古襲来を退けたという伝承が残されている筥崎宮にちなみ、元軍が使用した鉄砲(てつはう)をイメージした生姜のお餅が「てつはう餅」です。
鉄砲の凹凸は、生姜とクルミを求肥に練り込み、黒色は竹炭で表現した、当店の名物茶菓子です。

名物

てつはう餅

八女のお抹茶

奥八女の抹茶とともに

お茶の産地として知られる奥八女の抹茶と一緒にお召し上がりください。
覆いをかけて、丁寧に長期間育てられる奥八女の茶葉。
中でも、唯一揉まずに作られる抹茶は、その香りと深みに心が和みます。

表題の件、秀吉と利休が茶会をした地

天正15年、豊臣秀吉が島津氏征討を果たした帰途に、博多に寄り筥崎宮に20日滞在しました。
この際、秀吉は千利休や博多豪商の宗湛らとたびたび茶席を設けたそうです。
特に、松原のえびす堂の傍らの松に小釜をつるし、松葉を集めて湯を沸かした茶席は有名です。この茶会は後に「筥崎茶会」と呼ばれるようになりました。
当店では、この茶会をイメージして、茶房の逸品をご提供しております。

四季を感じる 一品も続々と

わらびもちセット

※価格は税抜き表示です。

暑い時期や冷え込む季節には、その時々の一品をご用意いたします。
例えば、暑さが厳しい夏には、冷たくツルッとした口あたりのわらび餅はいかがですか?
旨味とコクのある、ほろ苦い黄金きな粉が大人の味わいに仕上げます。お好みで黒蜜をかけてお召し上がりください。

黄金わらび餅(3ヶ)と
奥八女の抹茶のセット
780(黄金わらび餅の店内食単品は、5ヶ入り650円)

For Lunch

様々なシーンにご利用ください

名物「鳩太郎ポルチーニおでん」や麺類など、その時々のランチメニューをご用意しております。

鳩太郎ポルチーニおでん(釜出汁ご飯付き)

お飲み物付き
1,000
単品
850

牛筋、大根、こんにゃく、卵をじっくり煮た、当店の名物おでんです。
ポルチーニ香るソースは、ご飯にかけても美味しくお召し上がりいただけます。

For Event

慶事や各種行事にふさわしい松花堂弁当やランチで、ハレの日をお祝いしませんか?勝負ごとの神様としても知られる筥崎宮へお越しの際には、是非当店へお立ち寄りください。

七五三や参拝後に

参拝の後にゆったりとご家族で過ごすひと時や、地域の方とのお集まり、打ち上げにもどうぞ。

松花堂弁当

お持ち帰り

てつはう餅

てつはう餅

元寇でモンゴル軍が使用した「てつはう(鉄砲)」をモチーフにした、
しょうが風味の新感覚のお餅です。

5本入り 750円(税込)

「黄金わらび餅」のお持ち帰り用もご準備可能です!

※5個入り 600円(税込)

本わらびを一部使用する
質の高いわらび粉を使用した自家製のわらび餅。

最上部へ